初夏野菜へ追肥中!

2289_869538a0f5
晴れ/曇り
最高26.1℃
最低9.0℃
※東広島観測所

初夏に収穫を予定している、エンドウ、キャベツ、ブロッコリー、
カリフラワー等へ、順次、追肥を行っています。

自家製の発酵肥料(ボカシ肥料)が中心です。
甘酸っぱい香りがします
170508

田畑には肥料がほとんど入っていないので、野菜が栄養を必要とするタイミングで、
必要最低限の量を施用しています。
17050811705082

施用したボカシ肥料は、その一部は雨水に溶けるなどして直接野菜の栄養となりますが、
ほとんどは土壌微生物のエサとなり、土壌中に保持されます。
微生物の菌体に保持された栄養は、やがて土に還り、地力となり野菜の栄養にもなります。

農業では、肥料が農地の系外へ流出して環境負荷を与える側面(化学肥料は、その成分の約4割が野菜等に利用され、それ以外は田畑の系外へ流出)もありますが、
土壌動物・微生物が利用できる素材でできたボカシ肥は、きっと、環境にやさしいはずです

コメントは受け付けていません。