田んぼの畔塗り!

晴れ
最高22.7℃
最低11.3℃

キツネ、鹿の親子、アカゲラ、スズメバチ等など、今年になって初めて見かけました!
ん、アカゲラは2回目かな。
最近の朝はとても冷え込みますが、だんだん暖かくなり、山が賑やかになってきているのを実感します。

今日は田んぼの畔塗りを行いました。

今年、お米を作る予定の田んぼは数十年間は畔塗りをしていないところ。
そして、1~5年程度は休耕地(遊休地)の田んぼ。
田んぼにはミミズが多くいるせいか、モグラもたくさんおり、水を溜めてもすぐに漏れてしまうおそれがあります。
さらに、抑草対策として、深水での管理も考えています。

ここの地域で畔を高く塗れる畔塗り機をお持ちの農家さんに協力していただき、田んぼの畦を塗っていきます。


石も多く、作業は少し難航しましたが、無事に完成!


やはり、機械での作業はとても早く、丈夫なのができます!
機械での畔塗りは初めてなので、そのスピードの速さに驚きました。

以前は、新潟の棚田をお借りしてお米を作らせていただいたことがあります。
この時は、全て手作業。
稲株を泥土ごと畔に塗り、さらにこれをたたきあげる。

今日畔塗りをした畔の長さで、この手作業での時間と、今日の時間を単純に比較してみると・・・。
手作業がおよそ25時間、畔塗り機での作業がおよそ2時間。
厳密には比較できませんが、時間の違いは歴然です。
だからと言って、必ずしも畔塗り機が良いという訳ではありません。
それぞれに良い部分があるので、同じくらい大切な作業だと思います。

肝心のイネは、無事に回復傾向の兆しです!

コメントは受け付けていません。