水田と畑に「御幣(ごへい)」建て!

曇り/晴れ
最高23.7℃
最低18.7℃
  ※東広島観測所


二宮神社さんから御幣(ごへい)をいただき、田植えを終えた水田と、夏野菜が生育する畑での豊穣を願い、建てさせていただきました!

田畑に邪なる物が入りこまないように守っていただきます。

広島県北(特に庄原市)や島根県などの水田で紙垂(しで)を幣串に挟んだものを目にすることはありすが、今回、初めてこれが 御幣(ごへい)というもので、
意味を知りました。

地域によって少し作りが異なるところも面白いのですが、
御幣(ごへい)も伝統と革新が共存している」というところも面白いです。
※「御幣」が捧げ物として持つ本当の意味そこには、その時代の最先端があった(國學院大學)

当農園が大切にしているところとも同じです。

農園に御幣(ごへい)が建つつと空気感が変わります。
意識?集中力?

秋にはシンマイ(神米×新米)をお届けできるようしっかり田畑を管理してまいります!

コメントは受け付けていません。