3/15,「たねの交換会、野口勲さん講演会」ご案内!

1049_0ac739c413
曇り
最高8.2℃
最低1.7℃


以下、とても興味深いイベントのご案内をいただきました!


****************************************

「第10回たねの交換会in呉、野口種苗研究所 野口勲さん講演会」

命の源である食べ物の、その命の源であるタネ。そのタネの大部分が今、ほんの一握りの種苗メーカーに委ねられています。
命の源であるタネを、私たちの手に取り戻すべく、また、生命のサイクルが繋がり、たった一粒のタネから数え切れない程沢山のタネが生まれる感動と楽しみを、沢山の方々と共有したい!との思いから、毎春秋に「たねの交換会」を開催し、毎回沢山のタネが行き交っています。
今回は第10回目の開催となり、この節目のスペシャル企画として、全国各地の固定種のタネを扱っておられる種苗店「野口のタネ・野口種苗研究所」の野口勲さんを埼玉県からお迎えして、タネについての講演会を行います。大変貴重な機会ですので、お誘い合わせの上、皆様是非ご参加下さい(*^_^*)(交換会のみ、講演会のみのご参加でも大丈夫です)

【日時】3月15日(日)
[第1部]たねの交換会 10時~12時
[第2部]野口勲さん講演会「種のおはなし」 13時~16時

【会場】呉市広会館(広島県呉市広白岳3丁目6-34、tel.0823-73-0491)

【参加費】[第1部]無料
[第2部]2000円

【持ち物】
[第1部]ご自慢のタネ(タネはなくても大丈夫です)、
タネを持ち帰る小袋、タネ情報を記入するための筆記用具
[第1部~第2部通してご参加される方]各自昼食をご用意下さい

【申込み&問合せ】
E-mail:wakanamidori@docomo.ne.jp、tel.:080-1940-4069(花浦みどり)

【主催】おいもを愛する会

※ 第2部の講演会の間は、託児を検討しています。ご利用ご希望の方はご相談下さい。 (一週間前迄にお願いします)(第1部交換会へはお子様もご一緒にお越し下さい)
※ 講演会終了後、広駅前の広ステーションホテル内ルポ(呉市広tel.0823-71-2233)にて、懇親会を開催します。参加費別途2500円、時間は17時~19時を予定しています。ご参加ご希望の方は一週間前迄にお知らせ下さい。(定員30名、定員になり次第締め切ります)
****************
~野口勲さんプロフィール~
野口のタネ・野口種苗研究所代表
1944年生まれ。成城大学文芸学部に入学するものの、虫プロ出版部入社のため中退。手塚治虫の担当編集者となる。虫プロ退社後、家業の種屋を3代目として受け継ぐ。伝統野菜の消滅の危機を感じ、全国各地の固定種のタネを取り扱い、頒布を主力にする。2008年に山崎記念農業賞を受賞。
著書に、「いのちの種を未来に(創森社)」、「タネが危ない(日本経済新聞出版社)」、共著に「固定種野菜の種と育て方(創森社)」
固定種のタネを埼玉県飯能市の店頭だけではなく、インターネットでも販売している。http://noguchiseed.com/
****************

****************************************


種は農業の根幹をなす部分でもあり、僕も野口さんの本等をいろいろ
読んできました。
直接お話しが聞けるとても貴重な機会なのでぜひ参加したいです!(^^)!

コメントは受け付けていません。